今年は新旧暦15日です

2019/08/14 てらこの日記

 こんにちは、横浜の手良小屋(てらこや)
てらこの魔法の筆文字教室です
 

世の中はお盆休みの真っ最中ですね

所によっては7月のお盆の所もありますけど。

我が家は8月のお盆です。

旧暦と新暦があるのはご存じですか?

 

明治に新暦に移行してから、そのままの日程が新暦になったものや、

旧暦で受け継がれ行く物と、いろいろ有ります。

私は旧暦を意識して生活はしています。

その方が身体に合っていると思います。

 

七夕も7月より、8月の方が、梅雨も明けているし、天の川も見える。

お盆は7月15日だったのが、単にひと月遅れて迎える。と言う事で月遅れのお盆と表現されてますね。

 

本来は7月15日

なので、両方存在するんですね。

しかし、旧暦の日付とはずれます。

新暦の8月15日にお迎えしても、今日じゃ無いよ。と言う祖先さまもいらっしゃるかも。

 

ところが今年のお盆は、新暦も旧暦も同じ日付なんですよね。

新暦は8月15日
旧暦は7月15日

戦後は単に一ヶ月遅れの8月にされたわけで、旧暦の15日ではないのです。

 

ある意味、新暦の8月15日にご先祖様をお呼びしても、今日じゃない!
なんて言われていたかもしれない。

と言うことは、今年は沢山の祖先がお帰りになっているかも

 

それが、なんと今年は新旧とも15日で、満月なのです。

それも、こんな事は大正13年以来のことだと言う。
と言うことは、戦後初めての15日のお盆なんです。

この話を聞いたときは、鳥肌物でした。

 

令和って、なんか違うも思いません?

我が家のお寺は三浦半島です。

里のお寺で檀家さんは地域の方が多いです。

なので、13日から3日間は、写真の様に、夜な夜なお寺に提灯を持って、ご先祖様をお迎えに行くのです。

 

子ども達も小さい提灯を持って行きます。

まさに、風習の伝承なんですね

子どもに教えて行くのです。

いいですよね。

私も小さいころは、子供用のを持って行き

提灯の房を引きずらないようになると、大きい提灯も持たせてもらいました。

その提灯で迎え火にしてました。

今が電気のろうそくですから、風習も変わって行きますね。

私も母が亡くなってから、夜な夜な行ってますが、さすがに

9歳加齢してからは、3日連チャンは体力的に辛くなって来ました。

そろそろ1日でいいかなぁ、と思っていたら、父がなくなり。

今年は新盆

四十九日で三途の川を渡って行ったかと思っていたのですが

実は新盆で本当に行くそうです

新盆セットとして

草履、扇子、お米、麻の紐、六文銭を納めました。

草履を履き、暑いときは扇子で扇ぎ
お腹が減ったらお米を食べて
草履の鼻緒が切れたら、麻の紐で継げ変える。

そして、三途の川を渡るときの六文銭。

お米は三角の袋に入れて、戒名をかきました。

伝筆でかきました

この文字はお寺の方にも気に入ってもらってます。

これで、無事に彼岸に行って欲しいです

 

しかし、こんな年になくなった事は凄いなと思います。

 

いつからの事かは知りませんが、私の知る限りでは、大正、昭和、平成、そして、令和と続いて来ました。

横浜から通うには大変ですが、これもなくしたくない風習の一つ

多少形は変わっても伝え続けて行くのは大事ですよね。

 

申込み,問い合わせはこちらから←こちらをクリックしてください。

お電話の場合は10時から18時でお願いします。
セミナーなどで、出られない時もあります
留守番電話に入れて頂ければ、折り返しお電話します。
電話番号はプロフィールからご覧ください。

***********************

LINE@を始めました。

LINE@

LINEで伝筆のホットな情報をお知らせしています。
お友達追加で問い合わせできます。

@mqq4598pでの検索も出来ます。
*************************

 

季節の伝筆(定例会)
毎月描くことで上達します
初めての方も歓迎です

会場 手良小屋
毎月第一日曜日 午前の部 午後の部
   第二木曜日 午前の部

会場 大倉山 カフェフルールさん
毎月 第一土曜日 10時半から12時

会場 横須賀カルチャーセンターさん
毎月 第三金曜日 10時半から12時

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
手良小屋(てらこや)
横浜市南区宿町2-40大和ビル209
横浜市営地下鉄 蒔田駅下車 徒歩4分
近所にはコインパーキングあり
手良小屋(てらこや)への地図
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆